代表挨拶

 

今年度当団の代表を務めさせていただきます、東京大学工学部3年の小池潤平と申します。

東大には様々な音楽団体がございますが、当団は、団員全員が東大生であること、そして学生主体で活動しているという特徴を持っております。
例えば日々の合奏練習では、指揮者や各楽器の演奏リーダーが中心となって、団員同士互いに意見を出し合ったり教え合ったりして、演奏に磨きをかけております。演奏面だけでなく運営面においても、演奏会の演出の考案や会場の予約、広報、会計に至るまで、団員それぞれが自らの仕事をしつつ互いに支え合って運営しております。学年問わず、団員同士が気軽かつ率直に話し合える環境があることが、当団の一つの魅力ではないでしょうか。

昨年度は新型コロナウイルスの影響により十分な活動ができず、皆さまに演奏を披露する機会が少なくなってしまい、誠に申し訳ありませんでした。その一方で、リモート合奏をはじめとする新たな活動にも挑戦することができ、これまでの当団の活動を見つめなおすきっかけを得られた一年でもありました。
今年度も引き続き、当団の元気な演奏を一人でも多くの方にお届けできるよう、団員一同知恵を出し合って精進してまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

2021年4月
東京大学ブラスアカデミー第27代代表
小池潤平